• HOME

看護師と准看護師の平均給与について

看護師と比べて准看護師は待遇が悪い、同じように働いているのに給料が低いと言われますが、実際にどの程度異なるのか?

全国平均で見ると、常勤の看護師の平均給与が月給で約24万6千円であるのに対して、准看護師の方は、約22万1千円となっています。月給にすると約2万5千円の差があり、1年では30万円ほどの差があることになります。

「年30万円の差か、、、それなら頑張って看護師を目指すか」となるか、あるいは「年30万円の差ぐらいなら、今の准看護師のままもう少し続けるか」となるのかは人によって、というよりも職場によって異なります。

この差はあくまで平均であり職場によっては、もう少し差が少なかったり、あるいはもっと差が開いたりしますからね。一般的に都会は給与が多くなりがちです。看護師の場合の平均月給が27万7千円でありますが、准看護師の平均月給は25万7千円となっています。

ただ給与ではこれだけの差があるということですが、求人の多さや求人の条件なども加味して考えるとどうしても看護師の方が恵まれた状況になります。看護師と准看護師では求人の多さに2〜3倍の差があると言われます。病院でも看護師のみを募集すると言うところも結構あるのです。

だから、あまり求人がないところでも看護師ならば職を見つけることができた、あるいは、ブランク明けでも看護師であれば職を見つけることができたということが出てきます。

将来的も看護の仕事を続けていきたいのであれば、やはり看護師を目指したいという方が多いのも分かる気がします。

関連記事

看護師ハロワ仕事探しクリアMind