• HOME

正社員の看護師のまま時短で働く「短時間正職員制度」

子育てをしながら看護師として働く際にはパート勤務で働くことが多くなりますが、パート勤務と正社員と比べるとどうしても正社員の方が待遇が良いということに目がいてしまうのではないでしょうか。

ある意味、仕方がないとも言えますが、、、やはり正社員の方が給料が多く、休み(有給休暇)ももらえ、そして福利厚生や退職金制度もあるとなると、「正社員の方が羨ましい・・・」と思ってしまうのも無理はないとも言えます。

しかし現実問題、正社員になると交代制に組み込まれて夜勤が発生し、さらには残業もあるとなるとやはり子育てを新柄正社員として働くのはハードルが高いと言わざるを得ません。

しかし中には、さまざまな勤務スタイルを取っている職場もあるのです。その1つが「短時間正職員制度」という仕組みを取っている職場です。

短時間正職員制度とは、その名の通り、身分は正社員でありながら機関を決めて勤務時間を短時間に限定するというものです。身分は正社員ですから、待遇や福利厚生、そしてキャリアパスについても正社員と同様です。

出産をしてからそのような職場を探すのは難しいものがありますので、狙うのであれば最初からそのような職場で働いておく方がベターでしょう。

関連記事

看護師ハロワ仕事探しクリアMind